◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2009/09/27◉ 恐るべし高山病@Leh5
「ミキヤマダというゲストはいる?」

そんな感じでおじさんはホテルの人に訪ねる感じで電話してくれた。
そして、しばらくして電話をきった。


どうどうどうどうどう~???!!!


「ホテルのスタッフが確認するって。折り返し電話がくるよ」


どうなるんだわたしー!!??
折り返しの電話を不安と期待で待っていたら、


一人の男が、おじさんの事務所にやってきた。
それは見たことある顔!!

ホテルのにーちゃんだった!!
折り返しの電話より先に迎えに来てくれたのだ!!!!!!




やったぁぁぁあぁ!!


今度はおじさんの勘がどんぴしゃだったのだ!

まさに三度目の正直!
「脱・迷子!!」


みんなも喜んでくれた。

ホテルまで一緒に水を持ちながら帰ってくれて
「今度は迷わないでね~」と
ホテルにたどり着くランドマークまで教えてくれたりして、さわやかに帰って行った。


なんてえー人だらけの街、レー!!
ここはホントにインドか~?!!



さて、愛馬のもとに帰れる喜び反面、



次の問題は、、、



愛馬の高山病が悪化して大変なことになっていないか、
結構心配性の愛馬が、私を心配してクレイジーになっていないか、
病気なのにほっとかれたと思って怒り狂っていないか。。。


ということである。。。。


どきどきしながら
部屋を開ける


すると、愛馬は平和にお休みしていた様子。


「おう、どうした?」


いたって普通の、平常な声のトーンの第一声。


ほっとする反面、

それはそれで、


「ちったぁ、心配してろーーーー!!!!」

と、いう理不尽な憤りもあった。



部屋を見回すと空の水のボトルが転がっていた。

水がなくて困ってたよね。。ごめんね。


しかし、
なぜかトイレットペーパーは残っていた。


下痢がとまったのかと安心した。

が、、、、


聞けば、愛馬は手で処理していたとのこと。。。。。



        


ひえ~!!


こんなときに無駄にインド人ごっこしなくてもいいですから~!!!


まあ、とりあえず
最悪の状態は起こっていなくて一安心。。。


愛馬の病状も恐ろしく悪化はしていなかったけど、
しっかり高山病にかかっていたご様子だった。

かなり機嫌悪そうに高山病と闘っていた。


人が病気の時、私はいつも迷います。

看病されると気を使うので、一人で気兼ねなく休みたいというほっといて欲しいタイプ。
病気になると気が弱く不安になるので、そばにいて欲しいというタイプ。


私はパートナーに対しては後者のタイプなので、
迷子でほっといた分取り戻そうと、かいがいしく看病しようとしてみた。


が、、、

「俺のペースでやらせてくれー!!」
と怒りで返された。


どうやら愛馬は前者らしい



むしろ、迷子で彼を放置してて正解だったようである。
その後は、結局、部屋を出てホテルのコモンルームで時間を過ごす。


そろそろ寝ようと、部屋に帰って風呂に入ったりガサゴソしていたら
愛馬の気に障ったのか、
うるせーといわんばかりに無言で手足をドタンバタンさせていた。


高山病、、、恐ろしや。。。



そんな横に、愛馬のパンツが脱ぎ捨ててあった。


病気のくせに威張り散らしてるかと思えば



う○ち漏らししてしまったらしい。。。。






恐るべし、高山病。。。。





結局、
高山病のうんちくたれていた愛馬が
う○ちたれの高山病になっていた 


         


愛馬のお漏らしパンツを洗いながら
高山病の恐ろしさと介護の大変さをかみしめる。


パンツを干しながら
ふと気がついたら、
初日からハードに3時間歩き回っていてもすこぶる快調な私がいた。


なんだかんだと、
早速盛りだくさんのレー初日も無事に終わったことを感謝して床につく。


はやく愛馬が高山病から復活しますように
(平和な旅がしたい。。。。)



合掌 

(レー初日 終了)





今日も読んでいただいて感謝です世界一周ブログランキング上位目指してます
1日1ポチ1投票です応援お願いします!  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ランキング画面に飛ぶので、今何位かも見れちゃいます!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://yamadamiki.jp/tb.php/56-0aab21f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。