◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、スマイルとうほくプロジェクトさん(福島民報・河北新報・岩手日報)のイベントにお声がけいただき、ちょっとドキドキしながら参加してきました。

スマイルとうほくさんの活動ムービーの上映、、と聞いていたのですが、会場はすっかりパーティ会場。
スクリーンらしきものはない・・!?!?


・・と思ったら、
なんと、このドームが上映会場でした!!Σ(Д゚;/)/

1743209_10151879181261143_1321133559_n.jpg


まるで、テントの中での上映。
初体験でした。

このドームの中で、
まるで映画みたいに、津波が襲ってくる映像。
数秒で人の人生を二部する瞬間の映像。

というのが衝撃的でもありました。

言葉では何とも表現できないのですが、
感覚として、人生とかいのちの何かを感じて涙が出てきました。


会場でも、沢山の方と貴重なお話をさせていたけました。



印象的だったこと。

岩手出身でもある岩手日報の支社長さんとのお話。

ちょうどつい前日、
支援活動を通して出会った岩手の方が東京にきて会っていたので、
そんな話から、現地で出会った方々との話などをさせていただいたのですが、


「そういう方々とちゃんと話をしてきてくれて、本当にありがとう」


と力づよくお礼の言葉を言っていただいたのです。
思いがけないお言葉にドキッとさせられてしまいました。


いままで言われた事のない言葉でした。


ちょうど前日、その岩手の方にお会いして、酔っ払っての帰り道。
いろんなことを思い出して泣きながら帰ってきた翌日。



「話をしてきてくれてありがとう」



この言葉はしばらく胸に刻まれそうです。




先週の東長援会@増上寺で、
今後の復興について思う事、漢字一文字で表してみましょう、という投げかけに、

同じグループの方が掲げた言葉



   それは「会」


その漢字を選んだこころは、
「1つ屋根の下で、人が出会い、話を聞き、話をすることから始まるんじゃないか」と。その言葉にとても共感したのですが、

本当にそうだなぁとかみしめた夜でもありました。

この日の出会いとこの日に感じた事が、
大きなチカラとむすばれていきますように。。。


福島民報社さま、
お誘い本当にありがとうございました!



スマイルとうほくプロジェクト
http://smile-tohoku.jp/





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://yamadamiki.jp/tb.php/418-b63eb374
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。