◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2009/08/05◉ 東京→青森 
今回の北上の旅は世界遺産知床メインの北海道周遊の旅。

今の時期は青春18切符が使えるので、それを有効活用しようというコンセプトの旅です。

調べるとなんと一日で鈍行で青森までいける!
一人あたり、2350円


函館までは、電車でもいけるのですが、いろいろと面倒だったり時間がかかるので
フェリーで渡ることにしました。


どうせ青森で途中下車となるのなら、、

今週はちょうどねぶた祭りの真っただ中!
東北の大祭りを経験できるというボーナスにのっからない手はない!


しかし、この時期ホテルは探せど探せど満室。
格安から高級ホテルまで満室!

車中泊に慣れてる私たち。
車中泊でいいやーと思っていたのだか、なんとレンタカー借りるのにも一苦労!
(車が無いとか、ねぶたで車出庫できないとかとか。。)

宿も無い、レンタカーもないではどうするんじゃー!
とプチパニック状態。

しかし、
なんやかんやといろんな方策を探しあぐねた末、

やーっとのことで出発前日に車を確保できて一段落!!



ふぅぅぅぅ、、、、


渋谷始発のJRに乗るには、自宅からタクシーを使わないと乗れないので夜のうちに早朝4時45分に配車を手配。
節約を兼ねて家に余っている食材をフル活用して、朝ご飯、昼ご飯分のおにぎり、お弁当を作る。

翌日は怒濤の14時間半の旅。

少しでも快適にしよう、、、と動き始めた。

そんなこんなでいろいろやり始めたら体が元気になって、
明日は朝4時のスーパー早起きだというのに
夜中、2時半ぐらいまで動き回る。

眠くなかったが、さすがに一睡もしないではしんどいだろうと小一時間のために寝ることにした。




し・か・し!!
4時に目覚ましで起きるつもりが


ぬわんと


目が覚めれば5時5分!


なぜか目覚ましはならず、
昨日手配したタクシー会社の電話で目が覚めたのだ!


そのままバックパックを背負って寝起きのまま飛び出す私たち。


タクシーのメーターは待ち時間もしっかり計算されてて既に1600円!
渋谷についたら3080円也。。。


。。。。。

はい、そーです。

すでにひとりあたりの一日の運賃(青春18切符一回分 2350円。。)を軽くオーバー


朝のものの10分で、いとも簡単に私たちの一日の旅費を上回られた
そのむなしさ、やるせなさといったらぁ。。。


しかし、起こってしまった事にうなだれてる場合ではなく
さっさと
新たに青森行きのルート・タイムスケジュールを調べる。

予定の電車は5時13分。
私たちが着いたのは5時20分。。。


そのたった7分が命取りで、
青森到着は1時間10分遅れの21時10分着!

東京はなんとかなっても、
田舎は一時間に一本の電車の世界ですからね~。
一本逃すとこうなることは熟知してる私、、、(田舎もんですので)

今日中に着いても20時までの営業時間のレンタカー屋に間に合わない~
イコール宿が無い!

一本遅れてもどっかで追いつく事はできないか?
夏休み故、臨時列車はでてないか~!

2人でピコピコ携帯で電車情報を調べながらあーでもないこーでもないと
どの電車にどうのって、どうすればいいかと
緊急会議をしながらドタバタ、ドタバタ。

もう、どうにもならないよとあきらめてる愛馬のよそで
わたしは引き続き「あきらめないわよ」と、ピコピコ。


検索の仕方をいろいろ変えてみたら、
八戸から青森まで一人2560円追加で特急にのればなんとか20時に間に合うことが発覚!


いろいろやってみるもんだ!


そのぐらいの追加金額で朝の寝坊の失態の帳尻があうのならありがたいと思うことにして、
今日の動きのめどがようやくたったし、
さぁて、
ゆっくり18きっぷの旅を楽しむか~、、


と思ったら

愛馬が「あっ!」と驚いた顔!

今度はなんじゃー!

と思ったら



私のTシャツが完全裏返しだった!



ドタバタしてたといっても、電車に乗って1時間。。。
ずっと私を見てたのに気づかなかった愛馬

何かに集中してると他のものが見えなくなる愛馬なのだが


ここまでかぃ~!!


(まあ、私も気づけってか

こんな姿で、
張りつめて山の手線をドタバタしてたと思うと、自分がおかしくてたまらなかった。



またしても気を取り直して
それから電車に揺られる事10時間。
もう少し!


盛岡から八戸行きの電車に乗り込もうと思ったら、

ぬあんと!

この間を運行する

IGR岩手銀河鉄道ライン


青春18きっぷが使えないという!!!
JRでないくて、
第三セクターだという。。。。
(みんなこの落とし穴にはまってしまうみたい。。)


しかもその区間恐ろしく高い!2980円!
今までの11時間はなんだったんだという金額に2人とも面食らう。

別ルートでJRをつかって青森に向かうか、、
しかし、当日中につくかもわからない、
電車は3分後にすぐ発車ー!

どうするー??と迷ったけど時間もないし、
そんあルートに賭けてどうなるか保証もないので乗る事にした。


結局青春18きっぷ、一回分2350円と朝のタクシー代1500円で2人で6200円ぐらいで青森にこれちゃうかと思いきや
結局、余分な運賃約12500円プラスでトータル約19000円! 
当初の予定の3倍の金額になってしまったのだ~。


まあ、調べ不足でしたね。
青森まで一日で18きっぷではこれなかったということですね~。

まあ、
残念ですが、仕方が無い。
それでもまだ可能なお金で問題解決できたのでよしとしようと、
わたしはその銀河鉄道でのんきにねむりこけてました。


しかし、
18きっぷで制覇したいという熱い情熱をもっていた愛馬。
今回の件はかなり悔しかったご様子、、、、。


私が、のんきに眠りこけてるその間


愛馬は
もしちゃんとアラームをセットできてれば、
銀河鉄道は別料金だと気づいていたら、ほかのルートでまわったのに、
などなど、
「たら、れば」問答を繰り替えしながら悶々と揺られていた。(笑)



わたしが、起きた頃には、
繰り返す問答の末、気持ちの折り合いがついたようですっきりした顔でいましたが(笑)



まあ、なにはともあれ、事故も無く無事につけたことに感謝でいいではないかと。


そのあとも、
なんだかんだと判断、決断を迫られるような事をこなして、
ちょっと遅れて青森に到着。
レンタカー会社の人に待ってもらえたので、無事に車も借りれて、
ねぶた祭りも最後30分だけみれた!


いろいろあっても
一番の目的は無事達成!


身も心も忙しい一日だったので
その到着地迫力あるねぶたのはりぼてを見て、大きな達成感があった。

やってのけちゃえば、
余計な出費への悔しい想い、もはやすっかりふっとんでる。




こんなたわいもないバタバタの一日のなか、
なにか人生を思いました。


人生は想い通りにならない。
ちょっとしたタイミングのずれで大きく物事は変わる。
問題が起こっても、かならず解決策は転がっている。
終わりよければ、途中の苦労、出費の苦悩なんて消えるもの。

人生は判断の連続である。
幸福も、不幸せもとらえかた、考え方で自分自信が作り上げるもの。



多分もっといろんな意味が隠されている。


旅は人生の縮図だと思ってきたが
改めて、
そう感じた一日でした


てなわけで、てなわけで、
今回もまぬけなドタバタで旅がスタートしました~!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://yamadamiki.jp/tb.php/41-6f5ae3d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。