◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の日記にも書きましたが、


初め内陸の遠野で宿を取ろうとしていたのです。
もうちょっと走ってしまおうかと、三陸海岸まで出たのですが、釜石はいまいち民宿がみつからなくて。

そのまま宮古方面に車を走らせるもどこの宿も満室!
(お盆に予約なしは無謀でした~

どんどん日も暮れ、疲労困憊になってきたときに最後のトライと駆け込んだ宿。


     。。しかし、やっぱり満室!!


でも、ここのおかみさんが状況察してくれて

「狭くてもいい??」って

なんとか部屋を空けてくれて工面してくれたのでっす!


まあ、もともと車中泊は覚悟していたのですが、
そのときはとってーもありがたくて!

そして、そこで夜食べたうに丼もこれまたおいしくて、ありがたくて。

海がすぐ近くだったから、夜は潮の音がすごく心地よくて、ありがたくて。

朝は真近にせまる青い海がまぶしいい中気持ちよく食べた朝ご飯がたまらなくて、ありがたくて。

幸せ一いっぱいの場所となったのです。

くさくさ車中泊かと思っていたのに、
まさかの海絶景の贅沢な環境にあやかれて、この宿のおかげで岩手の旅はいい思い出の場所だったのです。


今回の震災で真っ先に心配した場所だったんです。



         しかし。



     そんな海真近の絶景の宿。。。





・・・・・どう考えても波に飲まれてる・・。よね。。(--;)


完全にあきらめていました。



出発2日前に一緒に飲んでいた友人にこの宿の話をした。


すると「宿の名前わかんないの?」と友人。


もう、名前も覚えていないし、場所も定かじゃないんですよ・・・、、と言ってみて、



            ん?!


              写真撮ってるかもっ!!



そして、写真を探してみると・・

なんとっ!


その写真にちょうど民宿の名前が書いてあったのです!


          「さんずろ家」




ネットで調べてみる。(→さんずろ家HP


すると、、



          大槌町っ 



大槌町だったのね・・。

なんと、ドンピシャの場所!
(しかもぐぐってると、この宿のおかみさんは無事だったという書き込みを発見!!ほっ~!!



その人に「宿の名前がわかりました~!」とメールすると、

「そうかあったかぁ!」と喜んでくれた。


そして、
「今日、大槌の安渡小学校で花見をしてた。がんばるために。」


そんなメールを最後に送ってくれた。

そんなぽそっとした文面に、
現地に行きたいけど行けない彼のもどかしさ、被災地の事を思う深い気持ちを感じてか
その文面全部がイメージとして心に残った。



そして、出発前日。


スペインで出会ったMちゃんから私の実家が福島だということで心配のメールがきた。
(友人のスペイン人の友人の彼女でスペイン在住。)

「うちの実家は内陸なので大丈夫だよ~!っていうか、明日から岩手の被災地に行ってくるね。」


すると、


「え?偶然。私の友人も岩手の被災地に行ってて、今日あたり東京に帰ってきたとこだよ!」


そして、添付してあったブログを読むと(→コチラ


ん??


彼も大槌町をメインに活動してた!


しかも、大槌町の避難所を全部調べあげて回って、大槌町の避難所マップまで作ったという強者さん!


しかも、大槌町の安渡小学校の記事。


ん?

安渡小学校・・

これはまさに前日の友人のメールの場所ではないか~っ!!

しかも、ミカジョンさんやGRAYのTERUさん、小比類巻さんが来ていたのねっ!(→コチラ

このイベント開催にもミカジョンさん達と共に関わっていたと知り、なんだかまた繋がりにドキッとしました。


出発前日に彼の活動を一通りブログで読めた事も、現地の情報収集含め、すごく自分にとってよいものでもありました。



そして、ばたばたそんなブログを読みながら出発準備をしてると一本の電話。


元上司の親友Jさんからだった。


そして彼の出身は岩手。


用件を聞く前に「おお~!グッタイミング!ちょうど明日私、岩手に行くんですよ!」というと、


「え?どこにいくの?実は俺の元従業員も被災してさ。大槌町なんだけど。。」



                ひえっ!


またですかっ?!



そして、翌日、出発当日にJさんが私を訪れた。


「大槌にいくなら彼にコレを渡してあげて。」


医療と本数冊。
そして、避難所の名前が書かれたメモ。




         安渡小学校



いや、大槌町は小さい町ですが、避難所は数十カ所、沢山あるんですよ。


なんでこーも繋がりまくるんだろう・・。



ああ、そうだ、そのスペインのMちゃん。

その繋がる元となった私のスペイン人の友人たち。

そういえば、
やつら日本に友人8人と来たんだけど、そんときみんなまとめて連れてったのがその上司の実家、
岩手だった。。


あとは、前回の日記にもかいたけど、
出発1週間前、イラン人の友人がボランティアに向かった先も釜石だったしね。


なんだか強烈な縁を感じてきた岩手と大槌町




      あたしはここに本当にいかなければいけないんだろうなぁ。




私が今回岩手の被災地に行けることになった事自体、

しかも、然るべき時期に、しかも個人的にいけるようになった事だけでも何かすごい縁を感じる。




出発前日には、以前までもっていた「不安感」のようなものは完全になくなっていて、



そのかわりに「使命感」のようなものが生まれていた。







岩手&大槌町との強い縁に応援お願いします♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びま~す!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://yamadamiki.jp/tb.php/357-ca3ae226
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。