◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2010/11/25◉ ダハブな日々。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング参加してます!クリック投票うれしいです♪
Dahab - 22

アスワンから鬼の28時間の電車とバスの移動後、(間4時間バス待ち)

ようやく到着しました!ダハブ!!


カイロールクソールーアスワン。

このあたりは想像のエジプトよりはよかったものの、

はっきりいって「もうエジプトおなかいっぱい・・・」でした。(--;)

なんでだろう?
なんか暑くてほこりっぽいからかな?
なんか遺跡巡りが疲れたのかな??
やっぱりなんだかんだいってエジプト人がダメなのかしら???


うん、なんか「コレだ!」っていう理由はよくわからないんだけど、
とりあえず感じたのは


「あたし、エジプトはあんまり肌にあわない・・・--;」

そんなわけで、バックパッカーの休息の地として有名なダハブも「所詮はエジプトでしょ」・・と、期待はしていなかったんです。


でも、でも、でも!!



ここは楽園でした!


泊まったホステルの名前は「セブンヘブン」


そう、ここはまさに「ヘブン」でした~!!


いままでは、なんかダウンタウンの犯罪者の潜伏宿みたいなきな臭い宿ばっかりだったのですが、

Dahab - 66

太陽サンサン,山と海が望める開放的な宿!!

Dahab - 65

部屋も風通しのいい明るい部屋で、気分は「娑婆の世界に釈放!!」


外に出てみると、レストランやカフェが並んでいるんですが、
ここで気に入ったのは、よくある「ビーチ沿い」じゃないってところ!

ビーチ沿いってーのは、砂浜があるから海までは遠いじゃないですか。

でもね、ここのカフェレストランたちは

すぐ海の際にずらりと並んでいるんですぅ~!!


だからカフェにはいると海がちっかーいの!

Dahab - 34

しかも、まったーり雰囲気で、
どんだけいてもいいよーって感じの雰囲気で、
おまけにwifiもしっかりついちゃってるからもーサイコー過ぎなんです!

Dahab - 08
見てくださいこのしまりのない顔)

海をみながらブログを書いたり、写真の整理をしたり・・


もう最高ス・ギ・ル!!


わたし、こういうリゾートが大好きなんですよね~。
この洗練されすぎない、ローカル度の残る雰囲気。それなりの物価の安さ。
このバランスが一番落ち着くんですよね。

これまで訪れた国で「また来て長期滞在したい街」の三本の指に入りました!!



ここではもう、なんもしないっ!!
そんで贅沢しよう!と愛馬と決め込んで、


ダハブでこれまでの旅の垢を落とすべく、


贅沢な日々をすごしてみました!


朝食・ランチ・おやつ・ディナーをはしごして、ほぼ1日どこかの海沿いのカフェでまったりという日々。


ちょっとそんなダハブのグルメライフをご紹介。


Dahab - 19Dahab - 31
ブレックファースト。それぞれのカフェで個性を出してがんばってます!
ありきたりじゃないスタイルがまた楽しい~!


Dahab - 47Dahab - 48
シーフードもりだくさんのランチ!
盛りつけもアルミホイルでおさかなを形取ったりと、気分を盛り上げてくれます(笑)
いろんな種類のサラダ、豆のペースト・ライス・グリルドベジタブルなども盛りだくさんでついてくるの~。
スタイルも味も私テイストでかなりご満悦!!
これでふたりで約1500円!日本のリゾートだったらドリンクのんで終わりだよね~


Dahab - 30Dahab - 05
値段にはばらつきあります~。相場に慣れていないときはちょっと失敗。
そんなにクオリティはかわらなくても、右はこれだけついて約300円!左はふたつで1050円、開き直りすぎた初期でした。


Dahab - 20Dahab - 10
調子にのってデザートまでつけちゃいましたよん。んふ。
リゾート感アップです☆

Dahab - 15Dahab - 18
レストランも交渉で結構値段が違います。
おっきなおさかなのグリルと焼きたてのふわっふわのパン、ペーストで2人で1800円が2人で900円になりました。



食が満足すると、心が満足する!!

そんなわけで、ダハブでしっかり潤ってみました。

まあ、贅沢三昧といっても、
宿は1人300円だし、食費も一食500円未満。
この物価にも癒されますね。

そしてこんな時、やっぱり愛馬と2人でよかったなーと思う時でもありました。

こんなリゾートで毎回ひとりで豪華な食事していたらちょっとむなしくなっちゃいそうですよね~。


今の私たちにありがたいシチエーションだったかも。




そうそう、
まったり癒されたのにはもうひとつの登場人物が!!



それは、


にゃんこぉ~!!


ここにはやたらにゃんこが多かったんです!
ネコ好きにはたまりませんでした!!


エジプトではネコの神様というのがいるので、ネコは大事にされているみたいで。
よっぽどネコが悪さしない限りレストランもネコの出入りを容認していました。

しかも、ネコがやたら行儀がいいのにびっくり。
ご飯食べてるとわらわらよってくるんだけど、テーブルに襲いかかるということはぜずに、
イヌみたいに、「待て!」とか「よし!」でエサを食べていました。笑

Dahab - 35
きゃわいい~のぉぉ~!!

Dahab - 38

このレストランでは3匹のネコをかってました。
ずーっとネコ3匹と戯れながら、海をみながらまったりしてる図に愛馬は

「ちみ、有閑マダムみたいだな~」   あ、ほんどだ(笑)



エジプトの喧噪の中だとついつい気持ちもとんがちゃうし、
心もすさみがちになるので、心もイライラも増長しがち。

でも、こういう素敵な環境で過ごすことで、
私たちの問題もちょっと緩和されたように思います。

私たちに与えられたプレゼントかな。

ダハブマジック。

いやぁ、環境は大事ですねん。


がんばって問題解決して、また先に進むエネルギーをもらえました。





そうそう、ここダハブのもうひとつのマジックは


「出逢い・再会の地」

ここダハブは多くの長期旅行者が、まったり一休みしたり、
うっかり予定外にダイビングライセンスをとる気になって長期滞在しちゃう場所なので
いままで他の地で出会った人と再会する確立がとっても高い場所なんですよね~!

カイロの宿で会った、最年長世界一周トラベラー(私が知る限り)・中山さん(→blog 世界の風)
ルクソールで同じ宿で、日本は私たちの隣駅にすんでいたというシン君と同時に再会!

その他、
「あ、ルクソール行きのバスが一緒の子だ!」
「あ、カイロのバスターミナルで声かけようとした子だ!」

と、みんな大集合していました


Dahab - 29
中東3ヶ月旅してるフミエさんとカイロで半年働いていたというフキちゃん。
強者トラベラー揃いでもありました。



ダハブ・全てを満たす街でした。


あ~楽しかった~
あ~戻りたい~



今日も読んでいただいてありがとうございます!
ランキング応援ぽっちお願いします♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びま~す!今25位前後だよ☆
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://yamadamiki.jp/tb.php/312-c94ec7d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。