◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング参加し


え~、ハンガリー・ブタペストのおバカ事件。

1日の出来事をいったい何日かけて書いたんだ~?って感じでしたが、最後までおつきあいいただいた皆様本当に本当にありがとうございますぅ~。m(_ _)m

事件からもう2週間もたって、時間の癒しがあったこともありますが、
ここですっきり吐き出させてもらって、みなさまにシェアしていただいたおかげでかなり気持ちはスッキリ、そして心の底から今回の出来事をポジティブに思えるようになりました☆

もう、胃が痛いのはすっかり治まって、現在イタリアでイタリアングルメを満喫している次第でございます☆


本当に本当にありがとうございます~。皆様からのコメント心癒され、強くさせられ、、
また多方面に考えを広げることができました。


「出逢いと人間観察」・「心の旅」的なことをメインとしたブログに開き直ったので、
観光記事は潔くスキップさせていただいておりますが、
ハンガリーの後は、オーストリア→クロアチア→スロベニアと歩き回って、現在イタリアのローマでございます。



・・・また戻るんかい!?・・って激しいつっこみは覚悟なのですが、


今回は、ここまで書いたシメとして、起こった出来事の「考察」でも書いてみようかと思いました。

自分に非日常的に降りかかってきたことは、『何か自分に必要な「課題」とか「気づき」』と信じている私。

ならば、「今回の事はわたしにとって何だったんだろ、、?」
と、自己完結させないと気が済まないという習性があるわたくしゆえ、(またそのうち、時間とともに変わるんだろうなとも思うのですが)いまの時点での「考察」でも書いておこうと思います。


かるーく、ここまでの旅のダイジェストと共に書いてみようと思うので、
考察がうざい方は、ここまでの旅の軌跡の部分だけ見てやったください。



今回の一件で学んだ事。


月並みですが、ひとことで言えば、ズバリ、「人間の心は弱い。」って事です。

自分の失態を棚にあげて「人間は・・」なんつってきれいにくくるつもりはないのですが、
今回の出来事を考えたときに、なんだか自分の心にリピートするように入ってきた言葉で、実感したことだったんです。



◎ウィーンーオーストリア◎
Wien - 072
イメージと違ったウィーン。
Wien - 117
プラハみたいな感じかな・・?と思ったけど、物価も高いし、なんか街も想像より大きくてなんか威圧感を感じたなぁ

Wien - 090
世界一周してるという2人の編集者さんに会った。
会うべくして会った~・・という感じで話はすっかり大盛り上がり。この2人に会えたと事がウィーンの一番の収穫と思い出です☆





「自分は絶対にない。」
「自分は知っている。」
「あの人はそんなことしない。」



そう、思っていても、人の心って、人や環境によって流動的に動いてしまう。



オレオレ詐欺の被害に遭った人の多くの方も「自分は絶対に騙されるわけがないと思っていた」と言うそうです。
経験したことない人は、「なんで、こんなにたくさん報道されているのに騙されるんだろう?」と思うんですけどね。


でも、そういう「いかにも!!」ってものだけでもないと思うんです。


株、証券、為替、、。
そんことやる気なかったのに、話を持ちかけられたとき「ふっ」とマジックみたいにのせられちゃう。

ダイエット、美、関係。
うまい話なんかない、キャッチセールスなんて怪しい!って思っていたのに、いざ捕まって話聞ちゃってみると「これはいいかも?」と思っちゃう。


占い、手相、霊感商法。
ちょっと当たってたりすると、「ここから先はいくら・・、」、「悪霊払いをしなければ・・、」
という類のことにも心が入り込んでしまう。


恋愛、異性関連。
人に話せば絶対に「それ騙されてるよ!」と言われるような状況でも「でもね、違うの」と思いこんで、浮気したり、男や女に貢いでしまったり、いいように使われたり。


宗教とか自己系啓発系の勧誘。
怪しい!!と思っていても、話を聞いていたら・・・「あれ?これは自分に必要かも??」・・・と、思わず話を聞きについていっちゃう、、とか。(オウムも優秀な科学者さんが沢山入団してましたね~)




人に話せば「えー?バカじゃない?そんなの騙されてるでしょ?」と言われるような事、
人から聞けば「えー?なんでそんなことしちゃったの?あんたアホでしょ?」と思っちゃうような事。


自分も後で考えてみると「なんで~?」って思うことでも、その場にいると何故かその時は「そうかも?」「そうだ!」と思いこんでしまうような事。


◎ザグレブークロアチア◎
Zagreb - 07
街を歩いていたら、突然学生に取り囲まれて、教室の中に連れていかれた(笑)
みんなノリのいい学生だったな~♪びっくりしたけど、楽しかったです☆

Zagreb - 12
ザグレブの教会はかわいかったよ~
Zagreb - 37
ザグレブの宿で会った彼。
荷物を運んでくれたり、宿を出る日も駅まで荷物を運んでくれようとしたり、ジェントルマンぶりに感動。
マーケットに一緒にいったりランチを一緒に食べました。
そんな彼、住まいは3駅先。会社も私が働いていたビルの真向かいだったってことでびっくり!!ほんと世界は狭い~!






こうやって改めて、関連すること思われる事を考えてみると、(ちょっとズレてることもあるけど・・

この手のことって、大なり、小なり、、
世の中に、沢山はびこっているなぁと改めて思ったんですよね。



こういう「自分では想定外の行動」って、
潜在意識に隠れている「欲」がかきだされたときに起こるんじゃないかな、、と思ったんです。(欲→お金・美・幸せになる・愛されたい)
そんで、相手はそこを狙ってるわけだから、相手のその意図が、強ーいマグネット状態に働いて、
自分の「欲」が「ヒューーーーッ」っと吸い寄せられちゃう。

こんな風に働くんじゃないかなって。


あとは、思ったのは、人間は『「信じたい」生き物』なんじゃないかな?って事。


「信じない」「危ない」ってよく言ってる人ほど、実は実は、信じたい人なのかも知れないなぁ、、なんて。



んでもって、
この2つが結びついたときに幸せも産まれるけど、不幸も生み出される、、って事。



欲を持つのは悪い事じゃないと思うし、
人間である以上「欲」は付きものだと思う。

なんか「欲」っていうと、ネガティブな意味に捉えられがちだけど。

「欲」があるからこそ、人は活き活きと『人間らしく』生きられるというものでもあり、
社会が発展し、人の営みが成り立つものでもあるとも思う。


大切なのは、「自分の『欲』のバランス」を自分でしっかり知っておくことではないのかな、、と思うんだ。


たいした金銭欲がないのに、自分のキャパ以上にお金をつかちゃったり、
そんなに美に対する欲がないのに、、キャパ以上にお金を使ったりしちゃうから「ぐぁ!!」となるわけで。
初めから「欲」のバランスを知っていて、大きいとか強いと知っている「欲の分野」に使うのであれば、ギャンブルだって美容だって、異性関係だって大金つかったっていいと思うんだ。
自分の欲のバランスにさえそっていれば、自分自身が「なんでー」って嘆くことも葛藤も起きないと思うし、
自分の欲のバランスより過剰な事をしてしまったときに「自己嫌悪」とか「なんで~」ってなっちゃうんだろうな、、と。


◎スロベニア・リュブリアーナ◎
Liublijana - 32
先を急ぎたかったのでスキップするか迷ったのですがきて良かった~!
カフェマニアの私には天国でした!
Liublijana - 63
カフェとアートに溢れた街。街の規模といい、まさかの住みたい街の三本の指にランクインしちゃいましたっ!!
Liublijana - 86
トルコで会った彼。彼はインターン生としてスロベニアに住んでいるんです。
仕事の後に一緒に食事をして、電車の時間が遅かったので、時間まで彼の住んでいる家にお邪魔させてもらいました。(いろいろとドタバタ劇がありましたが・・)若いのにしっかり自分の考えをもっていて、好奇心旺盛&素直でまっすぐに生きてる彼に明るい未来を感じてしまいました♪(←あたしはもう完全におばちゃんだね~





「欲のバランス」

人間である以上、みんな「欲」を持って生きている。
でも、大抵の人は、ちゃんと自分の欲のバランスを知っていたり、うまく扱えていたりしないと思うんですよね~。
(これが出来ている人が幸せに生きている人というのかもしれません。)



ここから派生して、またいろいろと芋づる式に思考が溢れてもきましたが、
今回の事件に関連して思ったことだけ!!



私は絶対に大丈夫」
「あの人がそんなこと絶対するわけがない。」


とりあえず、そう思うのは辞めてみようと思いました!



「欲」のバランスがとれてない→交通事故みたいに、うっかり出逢って、んでひょいっと惹き付けられてしまうときがある。
プラス、「信じたい」って気持ちが働くとそれはきっと理性よりも強い。



自分が完璧であろうとすることを辞めようと思った。

人を信じるのを辞めようと思った。(この人は絶対にバカな事しなだろう、、ってな事ね)




自分がそういう事をしがちな人間だと認めて、(年とっていくと大人ぶりがちだからね~)
常に人に相談したり、サインを出して、言葉をかけてもらったり、気づかせてもらったりするような、、そんな人になりたいな~、と。


相手がそういう事をしがちな人間だというフィルターをもって、
常に注意して見ててあげよう、喚起してあげよう、ん?と思ったときには何か一言でも言葉を投げかけてあげられる人になりたいな~、と。



なんだか、話が長い割に、ちょっとまとまりの悪い「考察」ですが・・

あ・・

いつもの事ですね




感じたことを感じたまま書くこと恐れない。。と決めてるものでして、、(^・^;)
こんな感じで、これからも続いちゃいますが、暖かく見守っていただけましたうれしいです。
(さら~と読み流してあげてください)





今日もおつきあいただいてありがとうございます!
このハンガリー事件にまつわる記事はこれにて本当に終了でーす!
やっと終わったかいっ!とホッとしてる方、ぽちっとどうぞ↓にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びまーす!今10位前後だよ~!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://yamadamiki.jp/tb.php/288-d2c1ada9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。