◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング応援ポチよろしくです♪

        
P1000136.jpg


ここサイババのアシュラムの魅力の最大の魅力

それは、食堂のご飯!!
人間食べるもので結構幸せ感って左右されますよね~!
特に、食いしん坊で人生において食の重要度が高い私は、ご飯がおいしいってことは最大の魅力!

この写真は朝ご飯。
質素にみえますが、インドでなくてもこんな朝ご飯毎日旅中に食べれたらHAPPY!

フルーツサラダに、濃いーラッシー。チャイにクロワッサン。
あとはいろんなものが載った薄くて食べやすいトースト!

グレートな朝ご飯でした
社食のように、プレートをもって並んで自分が欲しいものを取り分けてもらったり、自分でチョイスして最後にその料金を払うシステム。
朝ご飯、ランチ、夕食、、それぞれ時間は決まっていて、メニューも違う。


IMGP2075.jpg IMGP2074.jpg


 本当に社食っぽいでしょ  んでここにもババ様いっぱい 
ん?! 右の写真・・・これ富士山?ババ様日本においでになったの?


サイババのアシュラム内は全てベジタリアン。
卵ですらノーなのだけど、全然不服はない。
タンパク質源として豆料理が多いのだけど、結構レパートリー豊富。
元来豆好きの私としては、むしろベター


そんで、これまたすごく安いのだ!
いかほどかというえば、たとえば、夕食。
ラザニア、サラダ、スープ、ラッシー、パン、チョコケーキ、、
なんてお腹も心も満足コースで70ルピー(約130円)
いくらインドでも、こんなに食べたら300ルピー(約580円)はするでしょー。

そんでもって、ここのご飯はインドで一番おいしかったんじゃないかというぐらいにいけるのだ!
しかも、インドではメニュー見てもどんな料理がくるかわからない、、という懸念がいつもあるだけど、目で見て選べるので間違いもない。

インドではオーダーしてからイライラするほど待たされてやっと料理がくることが多いのだが、すぐに食べられるというのもポイント高い!


IMGP2076.jpg
ここもセバ達で運営されていて、配給から後片付けまで流れ作業。
ここは食器返却場所。
残飯処理場所でもある。

時々ここにある残飯を犬にあげようと、
まるでセバかと間違うほどに残飯を袋に詰めまくってるおばちゃんもいる。

もちろん私たちもすべてセルフ。




食堂は、ウエスタン料理、北インド料理(日本でお馴染みのインドカレーはこっちかな)、南インド料理(さっぱりしてる)の3つの建物が、あるので気分にあわせて楽しめるのも魅力。
わたしはウエスタンしかいったことないけど、インド系はもっと安いらしい!


そして、このアシュラム内にジューススタンド、ベーカリー、スナックスタンドなどもあるのだけど、これも一般的な店よりもずっと安いっ!
たとえば100%のフレッシュジュースが一杯7ルピー(約13円)


ただ不便なことと言えば時間制限が結構ある。
たとえば、スーパーは女性は朝の10時半から12時まで、男性は5時から6時半、、といった具合だ。
だから、その時間はすごく混む。


あと、このアシュラムで特別なことはと言えば、
挨拶はすべて「サイラム」なのだ。

ありがとう、おはよう、こんにちは、さようなら、すいません、、全部「サイラム」なのだ!

なので、この街には「サイラーム」で溢れている。


郷にに入れば郷に従え。

私たちも「サイラーム」「サイラーム」と挨拶をかわし・・・


ハイ、ドン!




IMGP8339.jpg   




愛馬をアシュラム仕様にしてみましたなかなか似合うでしょ
完全なるインド人いっちょあがり。

すぐに、なりきる愛馬は裸足で活動してました


IMGP8343.jpg


アシュラム内でも、全く違和感なく溶け込んでいました




サイババの施設はボランティアと寄付でなりたっている。
すごいのは、このアシュラムからちょっと離れたところにあるでっかーい病院。

ここでは、人種、宗教、国籍かかわらず誰でも適した人が医療を無料で受けられるらしい。
しかも、最新の高度医療が受けられるというからびっくりなのですよ。


IMGP8332.jpg


このお城かと思うような建物が病院なのだ。
なんでも、あのハードロックカフェの創始者もサイババの熱狂的信者であり、
サイババに命を助けられたとか。それで、この病院を寄贈したらしい。


もうひとつ、このアシュラムにほぼ隣接した病院。
ダラムサラで倒れた私は心配だったので、この病院にいってみた。

簡単な診察だったけど、ちゃんと薬ももらえて
本当に、無料でしたっ!!


ちなみに、
「なんか症状からして、う○こに虫がいるかも知れないから、明日見てみて~」
とニッコリ言われて、かなりショックでしたが・・

む、虫ぃ?・・・

見えるって・・・そんなのみちゃった暁にはそれでショック死しそうです・・



アシュラム内も極めて綺麗である。
何年かに一度修繕工事が行われるのだけど、それも寄付でなりたってるらしい。

すごい。

それで完全に循環してるのだ。



このアシュラム生活。
いろいろと制限さることも多い。
不便だけど、それは今の便利大国日本に慣れているから。
2,3日いるとそれに慣れて違和感がなくなってくる。

そしてそのとき、ちょっと考えさせられてくる・・



時間制限は不便だけど、利用する方もその時間を理解して活用しさえすれば
それによって、そんなにたくさんの労働力はいらない。

食べるものだって制限されてるけど、効率よく支給されたもの食べとけば、
そんなにたくさんのお金はいらない。

人の助け合いが成り立てば、そんなにお金も必要ではなくなる。

生まれつき美人がいるように、生まれつき金持ちもいる。
金持ちになる能力と運に強い人がいる。
自分に必要以上のお金があるのなら、手放して循環させればいい。


必要以上のものを欲しがるから、
必要以上に労働力が要されて
必要以上のお金が要される。


そのために自分の時間が奪われて、
物事をよく考えたり、物事の真理をみつめる時間が奪われる。

現代の忙しいスパラルに飲み込まれて、
人はストレスを抱えて病気になったり、鬱になったり・・。


みんな幸せを求めて生きてるはずなのに、
いつのまにか、幸せの反対方向に走らされてる気がする。



1人1人が自分自身の「満足」のラインを知って、
必要以上に求めることをやめ、手放すものは手放して循環を起こす。

シンプルに生きればもっとみんな幸せになれるんじゃないかな。


まあ、ハッピーな世の中に変わることはそんなに簡単なことじゃないのはわかってる。

でも、
現在取り囲まれている社会が絶対的なものだと思わずに・・流されずに


個人1人1人がなにか1つ、小さなことでも、
何かに疑問をもったり何かを意識して生きること・・

そんなことが大事なんじゃないかな・・と思うんだ。



きっとサイババはこのアシュラムに誰差別なくいろんな人を受け入れて
ここで生活をしてもらうことによって
何か受け取って欲しいメッセージや伝えたい教えがあるんだと思う。



きっと、どんな説法よりも
自分の体で経験することに勝るものはないから。



IMGP8352.jpg


では、今日は一本20円のとうもろこしで幸せいっぱいの
「いんちきインド人」こと愛馬の笑顔でお別れです!






今日も読んでいただいて感謝です 
ランキング参加してます!1日1ポチ応援お願いしま~す!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ランキング画面に飛ぶので、今何位かも見れちゃいます!今10位でーす!


 人気ブログランキングへ←こちら2つもポチポチよろしく◎
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://yamadamiki.jp/tb.php/116-6ec472f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。