◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2009/06/21◉ シドニー写真集☆
シドニーは私にとって、住みたい外国の都市ナンバーワンだと思っていた。

ほぼ初めての海外というひいき目でそう思ったのか。。

その当時から9年という月日が経って自分がどう思うのかということに興味深かった。

南半球、現在日本と反対の季節。秋・冬である。
雨の日も多く、グレーな空の日も多かったので
そこらへんはハンデもある。


シドニーの中には欲しいものがなんでもある。

いろんなコンセプトをもったビーチ
ショッピングの街
おしゃれな街、
アートな街、
同性愛者の街、
リトルイタリー、チャイナタウン
公園、ハーバー、ナイトライフ
自然、遊園地、水族館 etc etc.

いろんな顔をもった街が点在しているシドニー。
街のセンターからどこも30分(徒歩・電車)以内。

その日の気分に会わせて気負いなく場所を選べる。
有名且つ大きな都市のわりにどこもごみごみしていない。
... 続きを読む
スポンサーサイト
ヒロ・ジャパン

それは9年前にシドニー・ボンダイで会った男である。


「名前なんていうの?」

「俺?ヒロ・ジャパン」

。。。。。

ヒ、ヒロ・・・・
、、、、ジャジャ、ジャパンだと?!

なんだ、この男っ!


当時、シドニー・ボンダイビーチに住む料理上手な妙ちゃんのアパートは、
たくさんの日本人が集う場所となっていた。(妙子ママ、お世話になりました~!)

そこに彼もいた。

彼は
外見もちゃらっとしてて、髪の毛もアフロもどき。
常にスーパーハイテンションで
「あんたキッタナイわね~」とみんなに挨拶代わりにいわれながら愛されてた男だった。
... 続きを読む
9年ぶりのシドニー。

思い出の場所をひたすら歩き回りました。
その場所を一歩一歩踏む事に、にいろんな思い出がよみがえってくる。
思い出だけでなく当時の自分の気持ちとか
何を考えていたかとか、
そんなことが溢れ出してきました。

おもしろいことに、
日本にいるときはその時代がずっと昔のことのようだったけど、
その場にいくと、つい昨日のことのように思えてきます。


2000年、私はワーキングホリデーでオーストラリアで1年間過ごしてました。
... 続きを読む
◉2009/06/07◉ 結婚式☆シドニー
結婚式当日。

式は小さなかわいらしい教会でした。

そうそう、Honorのお相手はヨシ。
日本人なのです。
つきあった当初4.5年前の波瀾万丈な話からずっと聞いていたので
ヨシの粘り強さのおかげで今日の結婚式もあると思うと
そんな粘り強い日本男児ヨシに大きな拍手も送りたい気持ちでした

クールな印象で正直ちょっと絡みくいなぁと思っていたのですが
式当日、緊張して顔が固まっているを見ると、ヨシの新たなかわいい一面を見た感じで
うれしくもありました。

ヨシのご両親にもご対面。
すごくやさしそうなお父さんとかわいらしいお母さん。
正直、そんなヨシのクールなところが気になってて「大丈夫かなっ」と心配もあったのですが、
こんな素敵なご両親に育てられたヨシは
きっと芯は純粋で優しい人なんだろうと思い安心しました。

結婚式の楽しみは相手のご両親に会うこと。
友達の結婚相手のことがよくわからなくても、ご両親に会うことによって
「この人なら大丈夫」
と安心して大事な友達を嫁に出せる気分になるのです
... 続きを読む
今回シドニーの滞在先は「キングスクロス」(略称キンクロ)という街のバックパッカー用のホテルのドミトリー。
「キングスクロス」。。。。名前もなんか威圧感ありますよね。


まあ、わかりやすく言えば「歌舞伎町、もしくは六本木のタコ部屋」です(笑)

キンクロは
バックパッカー向けの安宿が集まり、
ナイトクラブやアダルトショップがネオンを放ち、
酔っぱらいやジャンキーがお祭り騒ぎする場所。
まあ、近くにはおしゃれなカフェやレストランもあったり、
ホリディインがあったりもするので、そんなにダーティ一色でもないんですけどね。

夜は、キンクロのど真ん中のマクドナルドでの無線LANを利用してネットをしていたら、
目の前の酔っぱらいが、ポテト振りまきながら大暴れしてて
気がつけば
初めてポテトシャワーを浴びてました。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。