◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2009/04/03◉ インドへ戻る。
ネパールからもう少しで脱出というところで
バスがガス欠。

バスが動かない。
ここはどこ?

見渡す限り、何にもない。

ミドル オブ ノーウェアー

どうやってボーダーまで行けばいいんだ~??
... 続きを読む
スポンサーサイト
◉2009/04/03◉ ネパールアウト!
カトマンズからインドに移動。

カトマンズから、インドのボーダーのビールガンジまではナイトバスでしかいけないらしい。

13;00ナガルコットという山の頂上にある村から
すさまじくでこぼこで、細い道をローカルバスで2時間かけてカトマンズまで降りた。
ゆれるゆれる!
体が跳ねる!
細い道を2台のバスがありえない状況ですれ違う。
何度も冷や汗をかきながらなんとかカトマンズ到着!

バスチケットをとって
18:00ホテルをでてバスパークに向かう。

バスパークに着くと、
「ここは違うバスパークだよ!君たちのバスパークに着くまでにはタクシーで30分かかるよ」
そのとき、すでに18:30.
バスの発車は19:00!!!


間に合うのか~!!!!!
... 続きを読む
バイラワからポカラまでのバス。
不安な気持ちいっぱいで乗り込んだ。

乗り込むとまたいろんなことを考え始めた。
前回の日記に書いたようにタクシーに乗らなかったことを後悔した。
そして、ディネッシュにかなり失礼なことをしたと
時間がたつにつれて罪悪感が募っていった。

長いバスの旅、不快なバスの旅。

懺悔の思いも深くなる。
... 続きを読む
ルンビニから私たちは
ヒマヤラ山脈を望めるポカラという美しい街に移動する予定だった。
バイラワという街から長距離バスで8時間の長旅である。


そして、1週間一緒に旅をしてきたディネッシュは
バイラワから飛行機でカトマンズに帰る予定だった。


ルンビニのホテルから、三人でタクシーでバイワラに向かった。
バスパークに行く途中、彼は飛行機のチケットを取るためにトラベルエージェントに立ちよった。
しかし、なんと今日は飛行機に空きがないので
カトマンズまでタクシーで帰ることにするという。

そこで、そのトラベルエージェントに
ポカラ経由でカトマンズにいったらどうだと提案された。
私たちも彼のタクシーに便乗して、タクシーでポカラまで行ったらどうだというのだ。

しかし、彼のカトマンズまでの負担が減るのかと思いきや
彼の支払う金額は一緒。
プラス3000ルピーだという。
普通にポカラまでタクシーでいくよりは安くしてやるということらしい。
... 続きを読む
◉2009/03/25◉ ネパールイン!
いきなりネパールに話がとんでしまいます。
途中経過は後ほどアップデートします(笑)


バラナシから三人でタクシーで移動!
汚くて、ホコリたちまくりで、ダンプ、トラックがひしめき合う国境の町。
ここで小屋みたいな、イミグレーションで出国、入国手続きを済ませる。

ディネッシュのナイスプランのおかげで、朝早く、バラナシをでて、タクシーで向かったので、
夕方まだ観光が間に合う時間につけた。
バスで行くと一泊かかってしまう。

彼は、国境の町の近くの空港から飛行機で自分の町カトマンズに帰るということで
ここでお別れの予定だった。
まあ、私たちもカトマンズに行くので、しばしのお別れである。

しかし、彼のエアチケットはとれず、
お別れはちょっと先延ばし。
三人旅は引き続き、次なる目的地「ルンビニ」へ三人で向かったのだ。


ここはブッダ生誕の地。
ブッダはインド生まれだと思われがちだが、
彼はネパール生まれ。

ブッダ生誕の地。
当時の家の跡があり、
「まさにここで生まれました」というサインがあった。
その周りは大きな庭に囲まれていて、
スリランカ、タイ、いろんな仏教国のグループがお経を唱えたりしていた。


あのかの有名なブッダがここで生まれたのか~と思うととても感慨深かった。
そんなブッダが生まれた場所なのに、
今まだ、穏やかでなんにもない田舎町。
ブッダが生まれた時と同じ空気を吸っているような気分になった。


ここのでっかいでっかい公園の中にはいろんな国の仏教のお寺があった。
もちろん日本のお寺も。
そして、一番でかくて立派だった。


観光が終わり、
ご飯を食べようとレストランを探す。

そして、
恐ろしいことに気がついた!

こんな観光地なのにまともなレストランもない。

そして、
なんかこの町おかしい。。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。